SELF-ASSESSMENT SYSTEM & WITHHOLDING TAX SYSTEM

"Self-assessment system" and "Withholding tax system" are 2 major principles, on which the Japanese National Income taxation system is established. You have to understand these 2 concepts totally. I am afraid that you may feel these 2 principles are inconsistent with each other. But, please note they are just standing in parallel and making up an effective taxation system.

〔In Japanese〕

”申告納税制度”と”源泉徴収制度”とは、 日本の個人所得課税制度の基礎となっている2大原則であり、この2つを総合的に理解することが必要です。
もしかすると、これらは互いに矛盾するもののように感じられるかもしれませんが、これらの2大原則が並び立つことで、効率的な課税制度が形作られているのです。

Tax filing


The self-assessment system is implemented for the National Income tax. So, people are suppposed to file tax returns If they gain taxable incomes.
The National Income tax act provides that you have to file an appropriate tax return during the period from February 16th through March 15th of the succeeding year if the tax amount calculated based on the amount of your total income after subtracting the total amount of the basic exemption and other certain deductions is greater than the total sum of your tax credit for dividends for the relevant year. The Income tax return shall be submitted to the National tax office( ZEIMU SHO), which has jurisdiction over your living place.
For your information, the taxation of the Local Income tax does not adopt this principle. Although the Local income tax amount is calculated in a very similar way to the National Income tax calculation method, it is calculated and notified to you by the local government. Actually, the relating data are provided to the local government from the national tax office.

〔In Japanese〕


国税としての所得税には、申告納税制度が採用されています。よって、人々は、課税所得を得た場合には、税務申告書を提出することが求められます。
所得税法では、もし、その年の合計所得金額から基礎控除その他一定の所得控除額を差し引いた金額を基に計算された所得税額が、配当控除額を超える場合には、その翌年の2月16日から3月15日までに確定申告書を提出すべき旨が規定されています。この所得税申告書は、住所地を所轄する税務署に提出します。
参考までに述べると、住民税については、申告納税制度は採用されていません。住民税の算定方法は所得税のものと類似したものですが、住民税額は地方公共団体によって算定され、通知されます。その基礎となるデータは、税務署から地方公共団体に送られているのです。


Who does not have to file his/her Income tax return


Nevertheless, if any of the provisions below applies to you,you don't have to file your final return of the relevant year (with a liitle cases of exceptions).
Indeed, most Japanese people do not file their final return every year, even if they earn a certain amount of income.
In these cases, tax calculation and payment for them are completed by their employer or the public pension office under the "Withholding tax system".


Many foreigners gain revenues from 2 or more working places. In this case, generally you can not meet the foregoing provisions so that you have to file a final return. As to this obligation, please do not misunderstand the income tax filing is always disadvantageous to you. That is, the tax filing sometimes bring up a tax refund to you.

〔In Japanese〕


上記にかかわらず、次のいずれかに該当する場合には、確定申告を行う必要はありません(若干の例外がありますが、レアケースであると思われるため割愛します。)
実のところ、多くの日本人はそれなりの所得を得ている場合でも、毎年の確定申告を行っていません。
その場合には、税金の計算や納付は、源泉徴収制度の下、その雇い主や年金事務所によって行われ、完結しています。


外国人の方は、複数の勤務先を持ち、それらか複数の給与を得ていることが多いようです。この場合には、一般に上記の条件を満たせませんので、確定申告書を提出する必要があります。この申告義務については、所得税申告を行うことが常に不利な結果を招くと誤解することのないようにしてください。確定申告をすることで、税金の還付を受けることができる場合もあるのです。


Income tax filing with Blue Form


Have you ever heard about Blue form( AOIRO SHINKOKU)?
The Blue Form is prepared to the exclusive use by those who are qualified to receive preferential treatments.
"Blue" is a kind of colors, of course. The Blue Form means originally the tax form with papers of that color. But now, it is no important issue what color of papers you use in filing the return. Besides, more and more people submit it electronically by E-tax system. If you have got the approval to file a Blue Return, they shall treat your tax return with white papers as the "Blue Return".

It is in the cases where you get income from Real estate, business or Forestry that you can file the blue Return. It is necessary to obtain approval from the head of the tax office by an application in advance. By that, you are granted various privileges in calculation of your income tax. For example, you can deduct the "Blue Form special deduction", up to 650,000yen, from the amount of business income.

The approval of filing Blue Form requires you to keep your accounting books and documents correctly in accordance with the principle of the orderly book-keeping. Roughly speaking, this "Orderly book-keeping" menas the "Double-entry book-keeping method". This is the most popular book-keeping method all over the world. In short, the tax office requires you to make out your taxable income amount on your business, as giving the approval for filing the blue return. Just to keep accounting books is mandatory for all who have income from those 3 categories, no matter if they have no intention to apply for the Blue Form. In this case, they don't have to go along the " orderly book-keeping" and can do in more simple way. But simply if you use a commercial software for accounting( that is not so expensive), the Double-entry book-keeping does not take so more botheration than the simpler way.

I may say the the request from the taxation point of view is synonymous with understanding correctly how well your busienss is going. That is why I recommend you to try filing the Blue Return.


〔In Japanese〕


青色申告という用語をお聞きになったことがあるでしょうか?
青色申告は、その優遇措置を受けることを認められた人のために用意されている書式です。”青色”というのは、いうまでもなく、1つの色であり、当初は、実際に青色の用紙を利用して税務申告を行っていました。しかし、いまでは、用紙の色自体は重要な問題ではありません。E-TAXによる電子申告をする人がますます増加している昨今です。貴方が青色申告の承認を受けている場合には、仮に白色の用紙で申告を行った場合であっても、青色申告として取り扱われます。

青色申告をすることができるのは、不動産所得か事業所得あるいは山林所得がある場合です。事前の申請により、税務署長から承認を得ることが必要です。青色申告により、所得計算上、様々な優遇措置を受けることができます。たとえば、青色申告特別控除として、事業所得の額から65万円を控除することができることなどです。

青色申告の承認を得るためには、帳簿書類を”正規の簿記の原則”に従って、適切に保存することが求められます。”正規の簿記の原則”というのは、要するに、複式簿記のことだと言ってよいでしょう。複式簿記とは、世界中で使われる、最も標準的な帳簿の作成方法です。つまり、貴方の事業に関する課税所得の額を明確にすることが、青色申告の承認を与えるにあたっての税務署からの要請だということでしょう。帳簿を保存すること自体は、青色申告の承認を求めるつもりがあるか否かに関わらず、不動産所得などを有する人すべてに義務付けられています。この場合には、必ずしも”正規の簿記の原則”に従う必要はなく、より簡易な方法によることもできます。しかし、さして高額というわけでもない、市販のソフトウェアを活用すれば、この複式簿記によることで、簡易な方法に比べて、大幅に面倒が増えるというわけでもありません。

課税所得を明確にするという税務上の観点からの要請は、その事業の好調/不調を的確に理解するということと通じるものであるといえます。よって、このサイトの開設者は、青色申告に挑戦することをお勧めします。