National Health Insurance


The National Health Insurance system covers those who do not join the Social Helath Insurance plan, under 75 years old. It is run by the local government. It was originally disigned as a system for self employed people, including farmers. But as the economic situations changed, more and more people have gotten employed and joined the Social Health Insurance plan. Now, it may be more pertinet to call regard it for relatively poor people, such as non-employed.

Anyway, if you are not an insured of the Social Health Insurance sysytem, you are supposed to be an insured of this plan. The enrollment procedures must be conducted by yourself. You have to take necessary procedures at the municipal office of your residence. It applies no matter what nationality you have, if you live in the district. Here, the " LIVE" means to stay somewhere with intention to stay 1 year or longer.

The major benefit of this plan is corresponding to that of the Social Health Insurance plan. It is to pay 70% of medical expenses on behalf of the insured. But, as I told earlier, the insured cannot afford to contribute enough for the outgoings. The finance balance of this plan is contuniously in red. It is no doubt that this plan cannot stand without the large amount of the finacial aid from the central government by the natinal budget.


〔In Japanese〕


国民健康保険は、社会保険に加入していない75歳未満の人が加入します。これは地方政府により運営されています。もともとは農家を含む自営業者のための制度として設計されたものでしたが、経済情勢の変化により、多くの人は被雇用者となり、社会保険の被保険者となりました。いまでは国民健康保険は、無職の人など低所得の人が加入する制度だといったほうが的確なのかもしれません。

いずれにせよ、貴方が社会保険に加入していないのであれば、国民健康保険に加入する必要があります。加入手続きは、加入者自らが行わねばなりません。所要の手続きは、住所地の区市町村役場で行います。これは、その地域に住んでいれば、国籍に関わらず、必要です。ここで「住んでいる」とは、1年以上滞在するつもりで、そこに滞在することを言います。

この制度による主な給付は、社会保険と同様で、被保険者にかかる医療費の70%を負担するということです。とはいえ、先述したとおり、被保険者にはその支出を賄うだけの保険料負担をする余裕はなく、本制度の収支は継続的に赤字です。この制度は、国家予算を使った、中央政府による財政支援なくして成り立たないことは、疑いの余地がありません。

Insurance Premius


The National Health Insurance premiums are calculated by the local government and notified to you in June. The calculation method are various with respect to the municipalities. The calculation elements are not uniformed from town to town. Usually, it is calculated by the conbination of a per-income basis, a per-capita basis, a per-property basis and etc,.
You shall pay the premiums in 10 installments at the each month's end from June to the next March. You can pay it at once or in 2 installments by your choice. I recommend you to apply for the automatic transfer from your bank account. It prevents you from omitting the payment and saves you trouble of going a bank and waiting your turn.
As to the premium payment, I have to point out the collection ratio of the premiums i very low. THe local governments face a difficulty collecting the premiums. I think one of the main reasons that the premiums amountis too high for poor people. Please note they implement some preferential treatment who can not make money for it.


〔In Japanese〕


国民健康保険の保険料額は、地方政府によって算定され、6月に貴方に通知されます。計算方式は区市町村によってまちまちです。算定要素さえ統一されていません。通常は、所得割、均等割、資産割などの組み合わせによって算定されています。
国民健康保険料は、6月から翌年3月までの各月末に10回に分けて納付します。これは、その選択により、1回、あるいは2回の分割払いとすることも可能です。納付漏れを防ぐことや、銀行に行って順番待ちをするといった手間を省くことができることから、自動振替の申し込みをしておくことをお勧めします。
この保険料の納付について、国民健康保険料の納付率が極めて低いことを指摘しておきます。区市町村は、保険料の徴収に苦慮しています。その理由の1つは、低所得の人にとって保険料額が高すぎるということでしょう。資力の不足する人に対しては、いくつかの優遇措置が設けられていることも知っておいてください。


Real cases of the premium calculation


Here, I introduce 2 real cases of the premium calculation. One is that in Gotsu city, Shimane prefecture. The other is that it Kita ward, Tokyo.

For both, the premiums are calculated and levied on each household. It is important when we consider the maximum limitation amount. If the income amount of a family member is so large, it can easily make the premium amount on the household reach the limitation. In this case, even if there are many other insureds with high earnings , no premiums are levied substantially for the other members.
The difference between the premium amount for people under 40/over 65 and it for people in the age from 40 through 65 is not by the premiums for the National Health Insurance system. Rather, the difference comes from that the premiums for the Nursing care Insurance system are collected together as for people in the age from 40 thorough 65 .

National Health Insurance Premiums in Gotsu city, Shimane prefecture for 2018
Element Basis for premium calculation Premium amount/rate
( Under 40 / Over 65 )
Premium amouont/rate
( age from 40 through 65)
Income total amount of the income of the insured in the household, for the previous year 13.4% 16.1%
Per capita Number of the insured in your household 37,900yen/each 47,100yen/each
Per household - 25,300yen 29,800yen
Maximum Limitation Amount 730,000yen 890,000yen











National Health Insurance Premiums in Kita ward, Tokyo for 2018
Element Basis for premium calculation Premium amount/rate
( Under 40 / Over 65 )
Premium amouont/rate
( age from 40 through 65)
Income total amount of the income of the insured in the household, for the previous year 9.54% 10.88%
Per capita Number of the insured in your household 51,000yen/each 66,600yen/each
Maximum Limitation Amount 770,000yen 930,000yen








You can find the maximum limitation of the premium amount is the same between 2 municipalities. But, at the same time, you should know the calculation methods are not uniformed. Besides, the premium amount level is surprisingly different. Given you, 45years old, live alone and your relevant income is 5 million yen, the premium amount shall be 877,400yen in Gotsu city but 610,900yen in Kita ward. When ths benefits provided by this plan is similar, how can this gap be justified?

〔In Japanese〕


島根県江津市と東京都北区を例に、実際の国民健康保険料の計算例を見てみましょう。

双方ともに、保険料は世帯単位で計算され、賦課されます。これは最大限度額を考慮するときに重要な意味をもってきます。家族のうち1人の所得が多額であったときには、保険料はすぐに最大限度額に達してしまいます。その場合、その世帯内に、多額の所得を持つ人が大勢居たとしても、彼らに対する保険料は、実質的にはかかりません。それから、40歳未満/65歳超の人に対する保険料額と、40歳以上65歳以下の人に対する保険料額の違いは、国民健康保険料の違いということではありません。40歳以上65歳以下の人については、国民健康保険料のほかに、介護保険料があわせて賦課され徴収されることによる相違です。

島根県江津市の国民健康保険料(2018年)
算定要素 保険料の算定基準 保険料率/額
(40歳未満/65歳超)
保険料率/額
(40歳以上65歳以下)
所得割 世帯内の被保険者の前年分の所得の合計額 13.4% 16.1%
均等割 世帯内の被保険者の人数 37,900円/人 47,100円/人
世帯割 - 25,300円 29,800円
最大限度額 730,000円 890,000円










東京都北区の国民健康保険料(2018年)
算定要素 保険料の算定基準 保険料率/額
(40歳未満/65歳超)
保険料率/額
(40歳以上65歳以下)
所得割 世帯内の被保険者の前年分の所得の合計額 9.54% 10.88%
均等割 世帯内の被保険者の人数 51,000円/人 66,600円/人
最大限度額 770,000円 930,000円









2つの地域で、最大限度額は等しくなっています。しかし、保険料の計算方式は統一されていないことがわかります。さらに、保険料水準が驚くほど違います。もし、45歳で所得5百万円の単身者世帯であるとすると、江津市に住んでいれば877,400円、東京都北区に住んでいれば610,600円の国民健康保険料額となります。給付サービスが同等のものであるのに、このような大きな格差はどのように正当化されるのでしょうか?