Public Pension Insurance


In Japan, people are supposed to join the Public Pension Insurance system. It is mandatory to join it given he/she is at the applicable age. It applies to foreign nationals living in Japan, too.
Japanese Public Pension Insurance system consists of following 2 major plans. Most of us are enrolled in either of them.
A. National Pension Insurance plan ( KOKUMIN NENKIN )
B. Employees' Pension Insurance plan ( KOUSEI NENKIN )

These 2 pans are not parallel, Instead, you can regard the Employees' Pension Insurance plan is a special one for regular workers, which includes and surpasses the functions of the Natinal Pension Insurance plan.

〔In Japanese〕


日本では、人々は、公的な年金保険制度に加入することとされています。これは該当年齢の人にとっての強制加入とされていて、外国籍の方についても同様に適用されます。
日本の公的年金制度は、次の2つの主要な制度から成り立っていて、ほとんどの人はそのどちらかに加入することとなります。

A. 国民年金保険
B. 厚生年金保険

これらの2制度は、並列的なものではありません。むしろ、厚生年金保険は、常用の被雇用者のために設けられた、国民年金保険の役割を包含し、かつ、これを上回る特例的な制度であると位置づけることができます。

Classification of the Insured


Regarding the Public Pension Insurance system, the eligible people are classified into following 3 categories.

A. TYPE 1 Insured
Those who are covered by the National Pension Insurance plan.
Self-employed people, unemployed people and others who don't fall into the categories below, at the age from 20 through 60, are classified into this.

B. TYPE 2 Insured
Those who are covered by the Employees' Pension Insurance plan.
Regular workers at applicable companies, at the age of 70 and under, are classified into this.

C. TYPE 3 Insured
Those who are covered by the Employees' Pension Insurance plan, conbined with their husband/wife.
Qualified spouses of the TYPE 2 Insureds , at the age from 20 through 60, are classified into this.
They shall meet all of the following conditions.
・ She/He is supported financially by an TYPE 2 Insured.
・ She/He earns less than a certain amount per year.
・ Her/His incomes amount is less than a half of the of her/his spouses.

〔In Japanese〕


公的年金制度においては、被保険者は次の3類型に区分されます。

A. 第1号被保険者
国民年金の加入者となります。
自営業者、無職の方その他第2号被保険者、第3号被保険者のいずれにも該当しない人で、20歳から60歳までの人がここに区分されます。

B. 第2号被保険者
厚生年金の加入者となります。
適用事業所の常用従業員で、70歳以下の人がここに区分されます。

C.第3号被保険者
その夫/妻とともに、厚生年金の加入者となります。
第2号被保険者の配偶者で、一定の要件を満たす者のうち、年齢20歳から60歳までの人がここに区分されます。
第3号被保険者は、次の要件のすべてを満たす必要があります。
・第2号被保険者によって扶養されていること
・その年間所得が一定額未満であること
・その所得が、配偶者の所得の半分以下であること


Insurance Benefits


The Insurance Benefits of this system is , needless to say, the payment of pensions. The eligible people receive a certain amount of pensions every 2 months since they get the provided age. THe pension amount shall vary according to the amount he/she contributed.

However, many people, particularly under 40', assume the pension benefits shall not be proportionate to the premiums burden. Based on common sense, the public pension plan looks almost ruined financially. From this viewpoint, the premium of the Public Pension plan is just a kind of taxes and dues without corresoinding return. But, I want to note that it shall be better than most of private financial products to secure your revenues after you retire your occupation, at least.

You have to contribute the premiums for at least 10 years , to be qualified as an eligible recipient. The required period has been shortened in 2017, from 25 years.
If you leave Japan before eligible to receive the pension, you are able to receive a Lump SUm Withdrawal payment, provided you have contributed for more than 6 months.
In these cases, you may make the enrollment period in Japanese Public Pension Insurance system added to that in a smilar system in the countriy you leave for. For examply, Germany, UK, Korea, USA, France, Australia and etc,. conclude appropriate agreements with Japan. If you are leaving for these countries, maybe it is not advantageous to you to claim the Lump Sum Withdrawal payment.

〔In Japanese〕


この制度における保険給付は、言うまでもなく、年金の支給です。受給権者は、既定の年齢に達してから、2か月ごとに一定額の年金を受け取ります。年金額は、その納付した保険料額に応じて様々です。

しかし、多くの人、特に40歳台以下の人は、その保険料負担に見合う年金を受け取れるとは期待していません。常識的に考えて、日本の公的年金制度の財政は、ほとんど破綻しているようにみえるからです。この観点からすると、公的年金制度の保険料は、反対給付のない税金そのものといえるでしょう。とはいえ、この公的年金制度は、少なくとも、他の民間の保険商品よりはマシであることは指摘しておきたいと思います。

年金の受給権を得るためには、10年以上の保険料納付期間が必要です。この必要期間は2017年に、25年だったものから短縮されました。

もし、年金の受給権を得る前に出国する場合には、保険料納付期間が6か月以上あることを前提に、還付金を受け取ることができます。この場合、日本での年金制度加入期間を出国先の類似制度における加入期間に加算することができるかもしれません。ドイツ、イギリス、韓国、米国、フランス、オーストラリアなどは、日本とこれを認める条約を結んでいます。これらの国へ移住する場合には、還付金を受け取ることが不利になることもありますので、注意してください。